第三十八則 臨済真人


c0015568_11532738.jpg
 衆に示して云く、賊を以て子と為し、奴を認めて郎と作す。破木杓は豈に是れ先祖の髑髏ならんや。驢鞍驕は又阿爺の下頷に非ず。土を裂き茅を分つ時如何が主を弁ぜん。

挙す臨済衆に示して云く、一無位の真人有り、常に汝等が面門に向かって出入す、初心未証拠の者は看よ看よ。時に僧有りて問ふ、如何なるか是れ無位の真人。済禅牀を下って檎住す。這の僧擬議す。済托開して云く、無位の真人甚んの乾屎 ぞ。

 無位の真人面門に現ず、知慧愚痴般若に通ずという、すると一僧出でて、無位の真人何れに在りやと問う、その胸倉つかんでこらってんです、檎はてへんです、きん住生け捕りです、まごまごしてるやつを突き放して、無位の真人是れなんのかんしけつ、くそかきべらというのと、でかかった糞が出切らずに乾いて固まったというのとあるんですが、どちらもぴったり。人間思想分別、未消化うんち他人の食いかすをです、ひりだしたのを引っ掻き回すんですか、出切らずに固まったやつくっつけて歩いているんですか。正法眼蔵だなと本を書いてとやこう、どっ汚く醜いのは、まさにこれ乾屎厥、臭いしまあなんとかして下さいよって思うです。身心脱落、自分とい
うどうもならんの、賊を子となし奴隷を主人となしですか、こいつを正に免れるよりないんです、ぶっこわれひしゃくを以て祖先のどくろとなす、アッハッハ云いえて妙です、どっちも役立たずを後生大事する、世間一般これ、驢あんきょうろばの鞍、いっぱしの男が股がるにはです、そこらじっさのしゃべり中気の顎ですか、まあいいとこです。土を裂き茅を分かつは封土を安堵するたとえのようです、無位の真人たるを知る、もとっこ無舌人の弁、臨済一掌を与える、ぶんなぐるかつきっころばす、托開です、この僧うわってなもんで呆然、するとわきにいたのが、裾引っ張って、なんで礼拝せざる、お拝せんかという、僧拝する途中ではあっと気がつくんです、無位の
真人面門に現ずる、かんしけつ雲散霧消です。もとっからそうです、取り付く島もないんです。

頌に云く、迷悟相ひ反し、妙に伝えて簡なり。春百花を拆かしめて一吹し、力九牛を廻らして一挽す。奈かんともするなし泥沙撥らへども開けざることを、分明に塞断す甘泉の眼、忽然として突出せば、ほしいままに横流せん。師復た云く、険。

 迷いあれば悟りありです、あい反するところを一掃するにはどうしたらよいか、迷悟。念起念滅のまんまに面門に現ずるんです、無位の真人という、おれがというなにがしかを去って下さい、去るほどに全体なんです、アッハッハどこまで行ってもそれだけ、これを妙に伝えて簡なりです。大死一番でしょう、自分という取り柄がなんにもなくなるんです、死ぬとは正に死ぬ、すると百花花開いて春を現ずるんです、拆は土へんでたくと読む、ひらくの意です。これどんともう一発驚天動地という、どえらいこったには違いぬが、しみじみといったら情堕ですが、なんという淡いというか、しかも歓喜これに過ぎたるはなし。おれにはまだそんなものない、だからといって別
もの求めないで下さい、死ぬはずが生きようとする、とやこうのそのおのれを托開、突き放すんです。向こうからやって来るんです、向こうにある。力九牛を廻らして一挽する、迷悟そのまんま一掌ですよ。だからおれはしないんです、かんしけつのまんま、分明に塞断する蛇口です、忽然突出よりないんです、なにしろここに気がつくことです。臨済棒喝もなーるほどってわけです、趙州説得は能書きじゃないんです、いってみりゃどんでん返しですか、転法輪、だからどうの世間一般じゃらちあかん、険。

画像の出典  オーストラリアの野生植物/方丈の旅行記より
[PR]
by tozanji | 2005-03-31 00:00 | 従容録 宏智の頌古


<< 第三十九則 趙州洗鉢 第三十七則 い山業識 >>