第四十一則 洛浦臨終

c0015568_19352256.jpg

 衆に示して云く、有時は忠誠己れを叩いて苦屈申べ難く、有時は殃及んで人に向かって承当不下なり。行に臨んで賤しく折倒し、末期最も慇懃。泪は痛腸より出ず、更に隠諱し難し、還って冷眼の者有りや。

挙す、洛浦臨終衆に示して云く、今一事有りって爾諸人に問ふ、這箇若し是と云はば即ち頭上に頭を安ず、若し不是ならば即ち頭を斬って活を覓む。時に首座云く、青山常に足を挙げて白日灯を挑げず。浦云く是れ甚麼の時節ぞ這箇の説話を作す。彦従上座有って出でて云く、此の二途を去って請ふ師問はざれ。浦云く、未在更に道へ。従云く、某甲道ひ尽くさず。浦云く、我爾が道ひ尽くすと道ひ尽くさざるに管せず。従云く、某甲侍者の和尚に祇対する無し。晩に至って従上座を喚ぶ、爾今日の祇対甚だ来由有り、合さに先師の道ふことを体得すべし、目前に法無く意目前に有り、他は是れ目前の法にあらず、耳目の到る所に非ずと、那句かこれ賓、那句かこれ主、若し揀得出せば鉢袋子を分付せん。従云く、不会。浦云く、爾会すべし。従云く、実に不会。浦喝して云く、苦なる哉苦なる哉。僧問ふ、和尚の尊意如何。浦云く、慈舟清波の上に棹ささず、劒峡徒らに木鵝を放つに労す。

 洛浦元安禅師は夾山善会の嗣、せっかく臨終にのぞんでついに法嗣を得ずですか、そんなことはあるまいと思ったのに、千五百の雲衲、とりわけ首座あり従上座あり、忠誠おのれを叩いて苦屈述べ難くですか、殃病わざわいという、眉間に我あり、自分というそいつがひっかかっていると、承当不下手も足も出ないんです、わずかにおのれを囲う、まさにもうそれっきり。爾にんべんがついてましたが汝と同じです、一事を問ふ、まったくに一事の他なく。是と云はば頭上に頭を按じ、いいですかこれが仏教です、一般の思惟とちがうんです、できたといえば回答がある、できたというやつも回答も自分なんです。不是なれば頭を切って活と求む、不是というのはあるんです、あるから許せない、そいつをぶった切れってこと。元の木阿弥はぜんたい手つかず、おぎゃあと生まれたとき、風景だけがあった=自分だったです。取り戻すとなあるほどなあっていうより、当前です、他ありっこないんです。なにをとやこう云うことない。
 首座云く、青山常に足をあげて白日灯をかかげず、青山お墓なんですが、云いえたりっていう絵に描いた餅です、浦云く、これなんの時節ぞ、住んでいない作り話をするなって云うんです。彦従上出て、この二途を去って請ふ師問はざれ、仏と仏を見る自分の二途です。どこまで行ってもこれを、そうですいっぺんに去る、問はざれという、どうです、問はざれとこうありますか。浦云く、ようもわからん更に道へという、それがし道ひ尽くさず、どんなに道をうが尽くし切れずという。阿呆め、わしはおまえの云い尽くす云い尽くさぬに管せず。いいですなあ、これに参じて下さい。それをまあ侍者だからもう云わんですといって引き下がる。常ならほっといて機会を待つんですが、今はそうはいっとられん。 晩に至って、先師夾山禅師の語を用ふ、目前に法なく意目前にあり、自分という皮袋破れてぜんたい我の、ぜんたいと我を引いて下さい、まさに目前法なく、意目前にありです、切々たるあり、那句かこれ賓那句かこれ主、従上座ついに不会、会すれば印下しようというのに。
 苦なるかな、慈舟棹させども棹ささず、木鵝は浮木、杭州五雲和尚座禅箴にあり、流に剣閣に沿ふて木鵝に滞ることなし、仏を得る急流です、取り付く島もないのに取り付こうとする、浮木をやっている、そいつをまず粉砕する。行に臨んでかるがるしく折倒し、末期もっとも慇懃、わっはっはどうしようもないです、苦なるかな徒らに木鵝を放つ。

頌に云く、雲を餌とし月を鈎として清津に釣る。年老ひ心孤にして未だ鱗を得ず。一曲の離騒帰り去りて後、汨羅江上独醒の人。

 詩人屈原、官を辞して離騒経を書いてのち、汨羅江に沈んで卒すという故事を踏まえて。孤独という世間一般、あるいは詩人のそれとは、たった一つ違いは、孤独を云々しない、一個即ち唯我独尊です。雲を餌にし月を鈎にして、そりゃ清津、仏教仏のみなと、彼岸に大魚を釣り上げるんですが、たとい心孤にして未だ一鱗を得ずとも、縦横無尽太平に遊戯するんです、年老いついに一箇も得ず、苦なるかな徒らに木鵝を放つ。そりゃまあそういうこってす。良寛さんに跡継ぎがあったか、地球宇宙みな跡継ぎ、焚くほどは風がもてくる落ち葉かなですか、裏を見せ表を見せて散る落ち葉ですか。わっはっはわしはもうちょっとがんばってみます、年老いてなんにも
ならずは、無老死亦無老死尽。

画像の出典  オーストラリアの野生植物/方丈の旅行記より
[PR]
by tozanji | 2005-04-03 00:00 | 従容録 宏智の頌古


<< 仏教 第四十則 雲門白黒 >>