ねはん

ねはん=ニイルバーナ死人に会うことが坊主になったわしの取り柄と、どんなあくたれも寂を示して荘厳。あのくたらさんみゃくさんぼだい無上正当菩提のねはんも、まったく同じです、我というよこしまを去る、自分という取り柄失せて忘我です。

 ねはん会に団子撒きして、子供がいっぱい来て、団子やお菓子拾ったんですが。
 子供のほうがゲームやサッカーになってよっつかんですか。私が死んでもまるっきり変わらんですよとお釈迦さまが、その時昼夜寂然として音なく。

c0015568_7435999.jpg

画像の出典  東山寺の蔵書より
[PR]
by tozanji | 2005-04-12 00:00 | ぜんごぜんご 二字


<< 法界 生死 >>