乾屎■

乾屎■=かんしけつ糞掻きべら、あるいは出かかって固まったうんちですとさ、くそかきべらというのは、知識学問という蘊蓄を傾けるんですか、人のひりだしたもの、あるいは自分未消化の百まんだら、こいつをひっかきまわすのを、教養といい道徳宗教、あるいは主義主張という。メキシコのうんち人形みたいなことしてないですか。
たとい坐禅という単を示す作業でさえ、どうなんですかというんです。

 良寛さんの歌は新機軸とか、たとえば草や花や初めて詠んだというものがないんですが。
 はいそうです、それでもってまったくユニークな良寛さん、現代俳句だの歌だの、個性といいながらくそかきべら、どういうこったと思いますかこれ。
c0015568_1342635.jpg

画像の出典  五合庵
[PR]
by tozanji | 2005-05-06 00:00 | ぜんごぜんご 三字


<< 一転語 野狐禅 >>