空手還郷

空手還郷=空手にして故郷に帰る、眼横鼻直にして他に瞞ぜられずとは、入宋沙門道元禅師の帰朝第一声です。どうですか、空手で故郷に帰ること、いっそ人みなの理想ではないんですか、故郷に錦も山と積んだ経巻も、なんという無惨やるせない、人間とはかつてそうあったんですか。思い切って捨てる、出家とはこれ。即ちなんにもないんですが、自由と無限の喜びが手に入ります。

 、悟りとはなんですか。
 、悟り終わって悟りなし、無一物中無尽蔵、花あり月あり楼台ありですよ。自分という架空のフィルターがないんです。これを真相といいます。見ている自分がないゆえに、夢想ともいいます。

c0015568_22545525.jpg

画像  平成16年7月新潟・福島豪雨災害/ 東山寺の状況写真:撮影2004年7月13日
[PR]
by tozanji | 2005-06-04 00:00 | ぜんごぜんご 四字


<< 照顧脚下 眼横鼻直 >>