撥草瞻風

撥草瞻風=はっそうせんぷう、草をはらい風を見る、修行行脚です、師を訪ね当てて問い、習い省みて行く、正師に出会えれば殆ど終わるんです、はいあとはもうまっしぐら。

 、草というのは煩悩妄想を云い、風は家風を云うとありますが。
 、煩悩妄想という、念起念滅ぽっと出ぽっと消えるそのまんまです、いらんき
ゃ免れりゃいいんです、もと自分のものじゃないんです、家風というそんなものないです、大唐国裏に禅無しとは云わず、且つ師家無しとは黄檗禅師の語。

c0015568_12253723.jpg

画像  平成16年7月新潟・福島豪雨災害/ 東山寺の状況写真:撮影2004年7月
[PR]
by tozanji | 2005-06-24 00:00 | ぜんごぜんご 四字


<< 仏向上事 打成一片 >>