柳緑花紅

柳緑花紅=至りえ帰り来たって別事なし、柳は緑花は紅。もと目の当たりするものが変わるわけはないんです。このごろ見るもの聞くもの清らかというかなんともたとえようになく、とわが言をみなまで云わせず老師、それはまだ清らかに見ようという心が残ると。ついにぶち破って臘八、大屋根に降りつもった雪が暖気に溶けて流れる、うわあと叫び上げた、清らかともなんともたとえようになく、云うことは同じ雲泥の相違、ものを絶するんです、雪になって流れ落ちる。

 、雪舟の水墨画は至りえ帰り来たった柳緑花紅といいますが。
 、はいそのとおり、どうか絵としてではなく心行く味わってみて下さい。

c0015568_8594439.jpg

画像  平成16年7月新潟・福島豪雨災害/ 東山寺の状況写真:撮影2004年7月
[PR]
by tozanji | 2005-06-30 00:00 | ぜんごぜんご 四字


<< 第六十三則 趙州問死 道得八成 >>