山水長口舌

c0015568_17263159.jpg

山水長口舌花は花月はむかしの月ながら見るもののものになりにけるかな、ということあってものみな我でっす、ついに仏にあらざるはなし、これ実感なんです、菩提の心与麼に長ず。

 ずいぶん豊かな幸福なことかと思いますが。
 そうです、首くくる縄もなし年の暮れといってね。


画像  平成16年10月23日新潟県中越地震/ 東山寺の状況写真:撮影2004年10月24日参照
[PR]
by tozanji | 2005-08-10 00:00 | ぜんごぜんご 五字


<< 第八十八則 楞厳不見 本来無一物 >>