十一、故説般若波羅蜜多呪即説呪白羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦

十一、故説般若波羅蜜多呪即説呪白羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦

だからとやこうは云わない、莫直去です、さあおやりなさい、渡りなさい、彼岸に渡って下さい、わたっていなさい、行っておしまいなさい、がていがていはらそうがていという、英語のハブゴ-ンツウ、あるいはハブビ-ンツウですか、そうですよ、他に云うこたないんです、仏教思想だの哲学だのいう、学者や説教坊主の飯の種です、そんなものもとっこないんです、たといあったとして、なんになります、自救不了、うるさったい、邪魔になるっきりですよ。

仏教にくわしい人の話を聞いてやる、あほくさっていったいこれなんぞ、他のためにする坊主がまあ。

菩提薩婆訶般若心経、それを修菩薩行、菩提の心与麼に長ずと、まさにこれを得て下さい、はい、これ本来心のありようです。


c0015568_14494528.jpg


画像 鳩に餌を与える老婆と少女 静岡市の常磐公園にて:撮影2004年8月29日
[PR]
by tozanji | 2005-09-10 00:00 | 提唱心経


<< 首章 十、故知般若波羅蜜多是大神呪是... >>