第三則 東印請祖

c0015568_859444.jpg

 衆に示して云く、劫前未兆の機、烏亀火に向かふ。教外別伝の一句、碓嘴花を生ず。且らく道へ、還って受持読誦の分ありや也た無しや。

挙す東印度の国王二十七祖般若多羅を請して斎す。王問ふて日く、何ぞ看経せざる。
祖云く貧道入息陰界に居せず。出息衆縁に渉らず。常に如是の経を転ずること百千万億巻。

 情識の至るに非ずむしろ思慮を容れんや、木人まさに歌い石女立って舞う、とあるように、劫前未だ兆さずの機、もと我らがありようです、兆してもってこうありああありだからと行く、なに思想機用はそりゃそういうこったですが、それを人格と思い自己と思い込むから間違う。そりゃどっちかというとお客のほうです、これを情識という、情実常識ですか。別にだからってことないんですが、いったんはこれを離れるんです、烏亀火に向かう、功巧によらんことを知るんです。
 仏教はだから自分という常識の交通整理じゃない、仏教という能書きト書きじゃないんです、それらを容れる器なんです。どうもまずもってこれを知らんけりゃどうにもならんです。
 INなどすると10人のうち一人そうかと思い当たる、あとは他山の石ですか、とやこうああでもないこうでもないする、ちょこっとぶち破ろうとすると、アッハッハどっか行っちまう。
 だがこうと知っていざやり出すとなかなかなんです、死ぬことはだれでも出来る、老若男女貧富の差能のあるなしによらぬ、一瞬死にゃいいんです。それができない。
常識情実に固執して、捨てるはずが獲得し、死ぬための修行が生きるに化ける、なんともかあともなんです。
「坐るしかないのはたしかだ、だが坐ったらいいっての違う、どんなに坐ったってそりゃなんにもならない。」
 叩こうが喝しようが届かぬ。一転するんですよ、
「自分がなくなって寒さ、辛さばっかりになる、とたんに寒さも辛さも失せ。」
 という、逆境こそ親切。
 斎はおとき、供養のご馳走です、どうしてお経を読まないんだというのは、おときに着く前にお経を上げる習わしです、届かぬやつ相手に、届かぬやつが考えた便利お粗末、飯ありゃ食えばいいそれっきり、いいですかそれっきりができんのです。入息陰界とは体のこと、息を吸い込んでも体に入らない、実感なんです、まったくこの通りです、出息衆縁にわたらず、息吐いたって外へ出ない、ぜんたい我ならざるはなしとは、ついに我なしをどうか手に入れて下さい、たとい国王のぶつくさもどこ吹く風ですよ、したいやつにはそうさしとけってだけの、愚の如く魯の如し、臣は君に奉し子は父に順ずるんです、お経を読んだら賢いという、有用しゃば世界じゃないです、常に恒に、転ずること百千万億巻、そう云えばまったくの実感、云わずばそんなもんないです。
 直指人身見性成仏、不立文字教外別伝という、そりゃ他まったく役に立たんのを知って下さい、食い物の説明描いた餅みたって、腹いっぱいにならんです。碓嘴これ口なかったっけ、石臼のへりにも花が咲くっていうんです、作り物は壊れ物ばっかりの世の中、ついには心身症どっ気違いを、一枚ひっぺがして本当。

頌に云く、雲犀月を玩んで燦として輝を含む。木馬春に遊んで駿として羈されず。眉底一双碧眼寒し。看経那んぞ牛皮を透るに到らん。明白の心曠劫を超へ、英雄の力重囲を破る。妙円の枢口霊機を転ず。寒山来時の路を忘却すれば、拾得相将って手を携えて帰る。

 犀は月をもてあそぶと云われている、まあそんなんに坐って下さい、木馬、すぐれた馬というより人知衆縁によらんところがいいです、注釈じゃないそっくりそのまんまに味わって下さい、アッハッハ文人才子の届く能わずってね。牛皮に透るは、えーとだれであったか、弟子どもにはお経にかかずらわるなと云っておいて、自分は声明など口ずさむ、なぜかと問うたら、おまえらは眼光紙背に徹するからいかんと云った。世間のいう理解など中途半端、よこしまにするだけなんです。お経とうぐいすのホーホケキョ烏のかあと同断は、無意味雑っぱじゃないんです、完全に理解する=忘れるからです。良寛さん正法眼蔵の提唱中に大悟したという、はたして如何、忘れ去るときお経いかん、面白いんですよこれが、ちらとこの世に残っていると、わかるとはこういうことかと実に納得するんです、でもってそいつを忘れ。
 碧眼は達磨さんと同じインド人です、明白英雄曠劫を超え重囲を破る底、まさに碧眼一双寒しです、はいやってみて下さい、ふっと笑うと百花開くんです、これなに赤ん坊そっくり。霊とは幽霊と、ものみなのありよう、衆縁陰界という内外がないんです、そういう思い込みが失せてもって説教です、でなきゃどう説いたって嘘になる、近似値ほど害はなはだってこと。寒山拾得はどうもやっぱり実在の人物ですよ、山中の岩に落書きしたのが残って、寒山詩と伝わるんです。わっはっはなんてえ大騒ぎの偈頌ですか。


画像の出典  2004年・津軽/方丈の旅の記録より
[PR]
by tozanji | 2005-02-08 12:04 | 従容録 宏智の頌古


<< 第四則 世尊指地 第二則 達磨廓然 >>