カテゴリ:ぜんごぜんご 五字( 16 )

山水長口舌

c0015568_17263159.jpg

山水長口舌花は花月はむかしの月ながら見るもののものになりにけるかな、ということあってものみな我でっす、ついに仏にあらざるはなし、これ実感なんです、菩提の心与麼に長ず。

 ずいぶん豊かな幸福なことかと思いますが。
 そうです、首くくる縄もなし年の暮れといってね。


画像  平成16年10月23日新潟県中越地震/ 東山寺の状況写真:撮影2004年10月24日参照
[PR]
by tozanji | 2005-08-10 00:00 | ぜんごぜんご 五字

本来無一物

c0015568_17235727.jpg

本来無一物以無所得故にとあるように、もと自分の持ち物がない、自分の体も心も自分のものではない、いいですか自分なければものみなすべてなんです、それを得ようという、禅宗だの悟りと、獲得物質にする、気違いです、師家というごろつきです、振り回されんように。

 無字をとおって無門関の十則まで行きましたが。
 それであなたはどうなんです。


画像  平成16年10月23日新潟県中越地震/ 東山寺の状況写真:撮影2004年10月24日参照
[PR]
by tozanji | 2005-08-09 00:00 | ぜんごぜんご 五字

平常心是道

c0015568_17195580.jpg

平常心是道=平常心とは何かを先ず知って下さい、従前の右往左往を云っているんじゃないんです、どこどう転んだろうが平常心以外になく、これを無心、心がないというんです。

 では何をどうすれば平常心になるんですか。
 まったくの手つかず、ただです。


画像  平成16年10月23日新潟県中越地震/ 東山寺の状況写真:撮影2004年10月24日参照
[PR]
by tozanji | 2005-08-08 00:00 | ぜんごぜんご 五字

万里一条鉄

c0015568_17162076.jpg

万里一条鉄=せっかくの修行やり始めたらまっしぐら、途中止めたらおしまいは、無字の公案隻手妙音ですが、もとはじめっからまっただ中と知る。そうですよ何回しくじったろうが、もとっこ元の木阿弥。いいですか通身あきらめて下さい、無門関ですよ、まっ平ら。

 心機丹田に無の字を置いて見つめ見つめして行く、ついにぶち抜いて、はいそればっかり。
 そればっかりなに不足ないんですよ、どうも中途半端は、中途半端にする自分があるんです、それはいったいなぜか。


画像  平成16年10月23日新潟県中越地震/ 東山寺の状況写真:撮影2004年10月24日参照
[PR]
by tozanji | 2005-08-07 00:00 | ぜんごぜんご 五字

白馬入蘆花

c0015568_17135234.jpg

白馬入蘆花=真っ白な花の中に白馬、日々これ好日ですか、毎日が葛藤であり、昨日の自分は今日の自分にあらず、死来たれば死にとうもないというこれ、わかりますか俗人の仏という、絵に描いた餅ではないんです、言語を絶するんですよ。

 まっしろい花に入るまっしろい馬、そりゃなんだか極楽境のような。
 そのように自分を観察すると、そいつはまっしろい花に黒い馬ですか、いや灰色の花だったり。


画像  平成16年10月23日新潟県中越地震/ 東山寺の状況写真:撮影2004年10月24日参照
[PR]
by tozanji | 2005-08-06 00:00 | ぜんごぜんご 五字

独坐大雄峰

c0015568_1712891.jpg

独坐大雄峰=百丈因に僧問う、如何なるか是れ奇特の事。丈云く、独坐大雄峰。どうですかこれ、なにかいいことがあるか、仏教という仏という、あるいは大悟徹底という、別になんにもありゃせんのです、独坐大雄峰。さあどうかこれを得て下さい、畢生の大事終わんぬ。

 無所得の故にという、これを云いうる人多少。
 一人半分いなけりゃ世の中真っ暗闇。


画像  平成16年10月23日新潟県中越地震/ 東山寺の状況写真:撮影2004年10月24日参照
[PR]
by tozanji | 2005-08-05 00:00 | ぜんごぜんご 五字

東山水上行

c0015568_1710130.jpg

東山水上行=これも趙州因に僧問ふ、如何なるか是れ祖師西来意。州云く、庭前の柏樹子。達磨さんが西インドからやって来たのはなぜか、仏教を伝えるためにと答えて、それがどういうことか思い当たりますか、納得出来ますか、さあどうです。

 一休頓知問答のようなと、こんな答えでほんとうに仏の教え、ないしは自分自身のことがわかるんですか。
 頓知頓に無生を知るといいます、生まれたまんまの赤ん坊が柏樹を見る、どうですか、仏という言葉もなく、これ仏。


画像  平成16年10月23日新潟県中越地震/ 東山寺の状況写真:撮影2004年10月24日参照
[PR]
by tozanji | 2005-08-04 00:00 | ぜんごぜんご 五字

庭前柏樹子

c0015568_16314152.jpg

庭前柏樹子=これも趙州因に僧問ふ、如何なるか是れ祖師西来意。州云く、庭前の柏樹子。達磨さんが西インドからやって来たのはなぜか、仏教を伝えるためにと答えて、それがどういうことか思い当たりますか、納得出来ますか、さあどうです。

 一休頓知問答のようなと、こんな答えでほんとうに仏の教え、ないしは自分自身のことがわかるんですか。
 頓知頓に無生を知るといいます、生まれたまんまの赤ん坊が柏樹を見る、どうですか、仏という言葉もなく、これ仏。


画像  平成16年10月23日新潟県中越地震/ 東山寺の状況写真:撮影2004年10月24日参照
[PR]
by tozanji | 2005-08-03 00:00 | ぜんごぜんご 五字

大道通長安

c0015568_1630875.jpg

大道通長安=趙州因に僧問ふ、如何なるか是れ道。州云く、道は籬の外に在り。僧云く、我が問ふうは大道なり。州云く、大道長安に通ずと。形而上学のないのが仏教です、かきねの外にはアスファルトの道、道はロ-マに通ずるがごとき大道通長安です。たとえばなしにしたら役立たず。

 垣根の外にありとは、自分というありもしない垣根を取り外す、これ仏道という。
 はい、では取り外して下さい。


画像  平成16年10月23日新潟県中越地震/ 東山寺の状況写真:撮影2004年10月24日参照
[PR]
by tozanji | 2005-08-02 00:00 | ぜんごぜんご 五字

枯木裏龍吟

c0015568_16273094.jpg
枯木裏龍吟=枯れ木に風のうそぶくさま、どうでもいったんは死ぬんですか、大死一番、世間妄想、声色の奴卑と馳走すという、これを去る、枯れ木に花が咲くんです。

 ありのまんまが仏の世界ではないんですか。
 世間のいうありのまんまをいったん抛たねば、本来仏のありのまんまは手に入らないです。


画像  平成16年10月23日新潟県中越地震/ 東山寺の状況写真:撮影2004年10月24日参照
[PR]
by tozanji | 2005-08-01 00:00 | ぜんごぜんご 五字